七五三の機会は父母も子も大変

七五三は、男子は3年代と5年代、少女は3年代と7年代の時代の11月15日光に、改善を祝って神社・寺などに詣でる長期間催し物だ。その七五三の草分けをお気づきでしょうか。

昔は診療も発達していなかったため、3年代まで乳児が生き残るということは結構ハードでした。それが5年代、7年代までとなるとより大変です。そこで7年代までの乳児は、神からの預かりカタチというイメージを抱いてしました。七五三というお祝いの教養は、こういうスタンスをもとに生まれたのだそうです。

では、どうして七五三という歳なのでしょうか?日本では、奇数は縁起の良いポイント言う読み方があります。元日など、多くの節句が奇数の日光というのもここから来ています。

神から乳児を預かっている折の7通年、その間の奇数時代の3年代、5年代、7年代を「ぐっすりぞここまで生きて成長してくれた」という面白味をもってお祝いするようになったのが七五三の草分けだそうです。

男子は3年代と5年代、少女は3年代と7年代の時代にお祝い始める七五三。その七五三の歳に、仲間意味があります。まずは3年代は、「髪置(かみ置き)のお祝い」といいます。

昔は毛髪から疾患が入ると考えられていたので、乳児が疾患にならないように、男子も少女も共に3年代までは毛髪を伸ばさないで剃っていたそうです。

3年代まで元気に成長したら、そこから毛髪を引き伸ばすピリオドの歳でした。七五三で3年代だけが男子にも少女にも共通するのは、元気な改善を祝うからなのです。七五三といえば11月15日光だ。この日は、徳川5お代将軍徳川綱吉の乳児、徳松ちゃんの袴着のお祝いの日光だ。

七五三の5年代は、男子がようやく袴を着けるお祝い「袴着(はかまぎ)のお祝い」と言います。少女が7年代になった時代のお祝いは、「帯解(おびとき)のお祝い」。それまで紐で着ていた洋服の帯を締めるように乗りかえるお祝いだ。唇 できもの 治し方