赤ら顔や敏感肌の方は洗顔時のタオルにも要注意

敏感肌の方の中には、使う洗顔料や化粧品には、気を付けるけど、意外なポイントでお肌を傷つけている場合があるので要注意です。

意外なポイントというのが、どういうことか?というと、顔を洗ったあとに使う、〝タオル”なんです。

実は、タオルって、お肌がデリケートな方にとっては、けっこう刺激になるんです、

肌ざわりは当然ですよね。
ガサガサの肌触りのタオルだと、拭いたときに摩擦で刺激になります。
じゃぁ、ふわふわしたものならいいか?というと、そういうタオルには、毛羽が出やすくて、敏感肌の人にとっては刺激が大きすぎます。

タオルは、繊維が長くて超長綿を使ったものがいい!といわれています。
赤ら顔の化粧水で赤ら顔ケア

あと、タオルの素材も大事なのですが、顔の拭き方というのも注意が必要です。

洗顔後に水気をふきとるのに、ゴシゴシ拭いてしまいがちですが、そうしてしまうと、お肌との摩擦が激しくなってしまうので、気を付けたほうがいいです。

ではどうすればいいか?というと、タオルをお肌に押し付けるようにして水気を吸い取るというのがお肌に刺激にならずおすすめです。

それから、タオルは、清潔なもの!を使うのが大事です。

赤ら顔や敏感肌の方は、できるだけ新しいものを使うのが、雑菌などをお肌にあたえないためにも大事だと思います。

このエントリは 健康・美容 にカテゴリされ、, にタグ付けされました。 permalink.

コメントを残す