目は温める?冷やす?どっち?

眼精疲労など目が疲れたときは、目を温めるといい!という話を聞いたことがありますが、本当に温めた方が効果あるのでしょうか?

残念ながら、すべてのケースで目を温めればいい!というものではないようです。

症状によっては、温めた方がいい場合や逆に冷やした方がいい場合があります。

なので、症状によって使い分けていく必要があります。

一般的にドライアイな度に関しては温めた方がいいそうです。

 

ドライアイは眼精疲労的な要素があって、血行を良くすることで症状が改善されるので、目の周りを温めることで血流が良くって症状が改善されます。

血液の循環が良くなるので、眼精疲労が原因の肩こり、頭痛にも効果的です。

では、冷やしたほうがいい場合はどういうときでしょうか?

よく言われているので、目が炎症を起こしている場合!に関しては、冷やす方がいい!といわれていますね。

冷やすことで炎症を抑えたり、一時的に目の疲れをとることができます。

温めるべきか冷やすべきか、その判断を間違ってしまうと眼精疲労を悪化させてしまいます。

どちらが正しいのか判断することが難しい場合は、専門医に相談された方がいいでしょう。

自己判断で行ってしまうとますます症状が酷くなるかもしれません。

特に目の病気が関係している場合は視力障害にも繋がるので要注意です。アスタキサンチンのサプリってホントに効果ある?

このエントリは 悩み. に投稿されました。 ブックマークする.