日焼け止めでビタミンD不足になる?日焼け対策と健康どっちを優先?

日焼け止めのクリームを1週間のうち3回以上塗っていると血液のビタミンDの濃度が足りない状態になってしまう恐れがあるそうです。

ビタミンDって日差しなどを受けて体内で作られるのですが、このビタミンDが不足してしまうと、骨粗しょう症などになってしまうともいわれています。

でも、紫外線が強い中で、日焼け止めを使わないとシミとかの原因にもなっちゃうし、かといって、日光不足で、、ビタミンDが不足してしまうと、骨粗しょう症のリスクも。

どうしたらいいんでしょうかね?
そういえあ、家の中に閉じこもっていて日光をあびないとビタミンDが足りなくなるのですが、そのビタミンDがたりないと、二の腕あたりとかにぶつぶつというかシミみたいな斑点のようなものができたりするんですよね。

そうなるとノースリーブなど腕を出す洋服もきれなくなる。。。

となると、日焼け止めを諦めるか。。。結果的にシミができても仕方がない、と諦めるか。。。

 

いや、そんなのはダメ!

ビタミンDは、サケなどに多く含まれているらしいから、日焼け止めクリームで紫外線からお肌を守って、サケなどビタミンDがたっぷりの食事で補う!というのが良さそうですね。

 

このエントリは 健康・美容 にカテゴリされ、, にタグ付けされました。 permalink.

コメントを残す