ホワイトニングは自費?セルフホワイトニングは?

健康保険が適用されるホワイトニング治療はごくまれで、全額自費と考えてください。経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのが不安や誤解がないでしょう。無くなった歯をホワイトニングで補ってからというもの、口のにおいを人から指摘されるようになったという件が一部で見られます。これはなぜでしょうか。一つには、歯を白くと歯茎の間に詰まった食べカスが磨聞きれずに残ってしまったり、ホワイトニング周囲炎と呼ばれる炎症を起こしている可能性も考えられます。

 

より深刻な事態を食い止めるためにも、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。

 

高額なホワイトニングは、一体何年くらい持つのかというと、まだ定説になっていませんが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって自分の歯と同じくらい保つと考えていいようです。
沿うだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長期間の使用も問題ありませんが、日頃のケアが行き届かないと歯周病など、異常が起こることがあるということを忘れてはいけません。

どんな人でもホワイトニング治療ができる理由ではありません。
その大きな原因は費用がかさむことに尽きます。保険適用外のケースが圧倒的多数で、ほぼすべてが自由診療と考えて良いので、何本分の治療なのか、歯を白く部の材料などによっても費用には結構の開きが出ますし、自由診療のため、歯科医院によっても費用が異なることも事実です。加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかることも念頭に置きましょう。歯科治療はすべて同じですが、ホワイトニング治療は治療後も快適な状態を維持するために日々のケアが欠かせません。毎日、しっかりブラッシングすることでいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらう必要はずっと続きます。

ホワイトニングが虫歯になることはありませんが、普段のケアができなくなると歯周病になることは珍しくありません。手術して歯磨き粉根を埋め込んだ後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。
麻酔をかけて歯磨き粉根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持っ立ため他の歯の神経も刺激されて反応し立ためで、ホワイトニングがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることがほとんどなので、気にしないでください。しかし、他の原因から生じることもあるので、特に手術後は、異変を感じたら放っておかずに歯科医にみせることが治療を成功させるために必要です。ホワイトニング埋入手術とは、歯磨き粉根を骨の中に埋め込むことなので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは違和感を感じるのが普通です。

 

数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから違和感を感じてもくれぐれも触らないよう歯みがきも気をつけてください。歯を白くする歯磨き粉の市販ならコレ

このエントリは 健康・美容. に投稿されました。 ブックマークする.